お客様の声

百一姓 > お客様の声
渡會那央様顔写真

ほうれんそう農家 渡會 那央 様

渡會 様プロフィール
長野県 
就農2年目

長野県八ヶ岳に近い高冷地でほうれん草の専作農家をして2年目になります。
スキー場でインストラクターの仕事をしていた事が研修先(農家)の方との縁で、3年間研修をし、2年前に新規就農者として、地域・町・県のサポートもあり独立をしました。

経営に関してはどんぶり勘定で、コストの把握ができていませんでした。

1年目にまずは土作りにとても課題が出ました。
研修先の土壌とは土質が全然違い、粘土質で元々コグリ(土の硬い固まり)が多く、収穫をしていて膝にアザや血豆ができる状況でした。
また、土質改善を図ろうと堆肥も入れたことによりタネバエの発生により、欠株が多く出て、1年目の平均反収は850㎏程度(県の指標が1380㎏)でした。
夏の暑い時期の潅水技術も今までの研修先と同じようにはいかず、コグリの影響もあってか表土が直ぐに乾燥し、土の中は排水性が悪く、根腐れを大量に出し、畑で半分以上廃棄したこともありました。
もちろん1年目の経営状態はかんばしくなく(幸いにも市場単価の高い年だった為、赤字は免れました)
このままでは再生産コストも確保出来ない、安定経営も出来ないと判断し、自分に最も弱い所・苦手な所はどこなのかを考えると、経営に関してはどんぶり勘定していて、どこに・どれだけコストを掛けているかが把握出来ておらず、費用対効果も全く分からずに、最後に通帳に残った分が利益だ、という大雑把な経営をしていました。

財務・人間関係・土作り この3つが大きく改善しました!

2年目から百一姓さんの力を借りて、経営の見える化を進め、ハウス1棟で何粒の種を播種し、収量がどれぐらいあり、出荷に掛かった経費を把握し、1回転毎の比較をし、従業員の皆さんとも共有し協力してもらえる状態を作る事が出来ました。
また、土作りについても、現場の専門性の高い方の意見や実践している農家さんを紹介してもらい、現地を見てもらい、資材の提案までしてもらい効果的な土作りを進めています。
現在では反収が約1100㎏ぐらいまで上がり(今季まだ途中です)目標値まであと少しといった所です。※土作りには時間も必要ですので、これからさらに収量が上がると予想しています。

最後に一番力になってくれたのが、職場内での良好な人間関係作りに寄与してくれたと感じています。
2年目になり従業員が増えたのですが、人間関係は衝突も多くなり、そんな時に相談に乗ってくれ、的確にアドバイスをいただき、職場内の雰囲気が明るくなり、辞めたいといった人がいなくなりました。
財務・人間関係・土作り この3つが百一姓さんに入っていただき大きく変化した所です。
そして農業の成功までを全力でサポートしてくれる今では会社の頭脳となり、なくてはならない存在です。

大沢収様

野菜各種取り扱い農家 大沢 収 様

大沢 様プロフィール
長野県 就農6年目

作付け品目:ズッキーニ、インゲン、丸オクラ、大豆

経営に関しては、青色申告すら行えていない状況でした。

栽培面、経営面での課題がそれぞれにあり、対応が追い付いていない状態にありました。
経営上必要な数字の分析ができておらず、数字上からの戦略を立てるということができていませんでした。
確定申告時も控除対象になる青色申告を行っていなかったのです。

数字に強い経営ができるようになりました!

百一姓さんに記帳代行を行ってもらうことで、経理上の業務が大幅に軽減され、そこに割いていた時間を他の業務に当てることができました。
確定申告時に控除対象になる青色申告も行えるようになりました。

百一姓の財務戦略パートナーにより、経営上必要な数字の見方が分かり、戦略を立てるときの指標となる数字を把握できるようになりました。
具体的には作業日誌を正確につけることにより、労働力の配分などがより効率的にできるようになり、請求書発行ソフトを使うことで飛躍的に業務時間が短縮できました。
取引先に関してJA以外にも小売店や仲卸など複数の取引先がある中で、それぞれ単価や荷姿、運賃、ロット数などの違いを取引先別原価計算をすることで、取引先ごとの利益が一目瞭然になり、感覚的に行っていたことが数字の裏付けで分かり、より正確な運営に反映できるようになりました。

作物ごとの限界利益を見ることは、反収だけでは見えてこない数字が見えるようになり、作物ごとの作付バランスを考える上で非常に有益だと感じています。

ご相談・お問い合わせ

百一姓へのご相談・お問い合わせはお電話・またはフォームよりご連絡ください。

電話受付時間:平日 10:00~19:00